ザクラス副作用について~高血圧改善や動脈硬化の予防

動脈の血管壁が硬くなる、またその内側にコレステロールなどの余分な脂肪が蓄積されることで、血の流れが悪くなり、血液が詰まりやすくなるのが動脈硬化です。そしてこの動脈硬化は、体の様々な部分で発生します。たとえば心臓で発生した場合は、心筋梗塞や狭心症を引き起こしますし、脳で発生した場合は脳梗塞や脳血栓などの脳卒中を引き起こします。日本人の4人に1人が、心筋梗塞や脳卒中で亡くなっていると言うデータも出ているため、非常に恐ろしい様態と言えます。動脈の血管壁が硬くなる、その内側にコレステロールなどが蓄積される要因は、加齢、食生活や喫煙習慣を挙げることができ、高血圧もそのひとつに該当します。高血圧は、血管内の血液量が多くなっていることで、常時、血管に高い負担がかかっている様態です。加齢によって弱くなっている血管に、高血圧で更に負担がかかると、その負荷によって血管の内側には小さな傷がつくようになります。すると、その傷によって血栓ができやすくなり、血流も滞りやすくなり動脈硬化が起きやすくなると言うわけです。ですから高血圧がある程度、進行している場合はその改善と共に、動脈硬化の予防も頭に入れる必要があります。高血圧改善と動脈硬化の予防を視野に入れた際には、ザクラスと言う成分が配合された薬が処方されることもあります。ザクラス副作用としては、体のだるさやめまい感、頭痛、赤ら顔などに代表される潮紅などが見られる場合があります。また腎機能に不調をきたしている人の場合、ザクラス副作用として、飲み初めにその不調が悪化することも考えられますし、体内の電解質代謝の異常である高カリウム血症への配慮も必要となります。また薬が効き過ぎた結果、血圧が低くなりすぎて、一過性の失神、意識消失などが出る場合もあります。ザクラス副作用に関しては、たとえそれが小さな不調であっても、早めにかかりつけ医に相談することが必要です。